アレルギー体質の白髪染めで気を付ける注意ポイント

白髪染めのヘアカラーを使ったあとに、かゆみや痛みなどの皮膚トラブルを起こした経験はありませんか?

 

白髪染めに配合されている薬剤には、アレルギーを起こす可能性がある刺激の強い成分が入っているので、かぶれやすい体質の人は気を付けなくてはいけません。

 

アレルギー体質の人が白髪染めをする時注意ポイント

  1. アレルギーの出やすい成分
  2. 白髪染めのアレルギー症状
  3. アレルギー体質の白髪染め対策

 

白髪染めで頭皮がかゆくなったり発疹ができたりしたという経験がある人は意外にたくさんいますが、それをアレルギーだと認識していない人も多いです。

 

アレルギーと聞くと重篤な症状を思い浮かべるため、自分は違うと感じてしまいがちですが、軽いかゆみや肌荒れでも、その原因が白髪染めにあればアレルギーといえるのです。

 

|アレルギーを引き起こす白髪染めの成分とは

 

白髪染めで起こるアレルギーのほとんどは、酸化染料のジアミンが原因です。

 

ジアミンとは

 

白髪に色を入れるための化学染料として白髪染めに配合されている薬品のことです!
成分表示には、フェニレンジアミンパラフェニレンジアミンと書かれています。
アレルギーの心配でいえば、どちらも同じように刺激が強いので要注意です。

 

ジアミン系の染料が入った白髪染めを使い続けると、最初は何も症状がなくても回数を重ねていくうちに突然アレルギー症状が出てくることもあります。

 

染めている時やその直後に肌がヒリヒリと傷んだり、赤らんだり、という軽度に思える症状でも、更に深刻化する可能性があるので、よく注意する必要があります。

白髪染めで出るアレルギー症状の特徴は?

アレルギー

白髪染めが原因であらわれるアレルギー症状

  • 頭皮のかゆみ
  • 痛み
  • 腫れ
  • 発疹

重症になると・・

  • アナフィラキシーショック
  • 呼吸困難
  • 意識混濁
  • 顔面がかぶれて真っ赤に腫れる

 

持病に喘息やアトピーなどのアレルギー疾患がある場合には、白髪染めが原因でその症状を誘発してしまうこともあるので油断できません。

 

白髪染めをしている時はヒリヒリするけど洗い流せばおさまるという場合も、すでにアレルギーを発症している可能性が高いので、症状に気が付いたらその後はヘアカラーを使うのをやめたほうがいいでしょう。

 

少しでも違和感があったら、症状が収まったとしても使い続けないようにするべきです。

白髪染めでアレルギーを起こさないために注意するポイント

パッチテスト

白髪染めのアレルギーを防ぐためには、使用前に必ずパッチテストを行なうことが大切です。

 

パッチテストで異常がでなくても、もともとアレルギー体質がある人は白髪染めの成分を確かめて、ジアミンなどが入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

また、ジアミン以外でもアレルギーを発症する可能性のある成分はたくさんあります。アレルギー体質の人は、さまざまな物質でアレルギー症状が引き起こされます。

 

白髪染めが原因で重い症状を引き起こさないためには、できるだけ刺激の少ない白髪染めを選ぶ必要があるのです。

 

アレルギーが心配な人にオススメの白髪染め

  • ヘアカラートリートメント
  • ヘナ(植物染料を使ったもの)
  • お歯黒式白髪染め

 

白髪染めのアレルギーは健康な人でも使い続けると危険がありますので、特にアレルギー体質の人にとっては敏感に反応してしまいますね。

 

アレルギーの出ない天然の成分にこだわっているヘアカラートリートメントや、ノンジアミンの白髪染めもたくさん販売されています。

 

自分に合った白髪染めを選ぶには、パッチテストでテストをしながら試してみて使うようにするのがいいですね。また利尻昆布ヘアカラーは無添加無香料なので、アレルギーなどが心配な人は利尻昆布ヘアカラートリートメントから始めるのがオススメです。