黒色401のタール色素はどんな毒性があるの?

白髪染め

タール色素」という言葉を知っていますか?

 

タール色素は食品や化粧品などいろんな場面で使われている着色料です。

 

タール色素は昔は石炭から、今は石油から作られている色素で、種類もたくさんあります。普通に使っていても大丈夫なのでしょうか?

 

 

黒色401はどんな色素?

黒色401号の特徴

  • 別名「ナフトールブルーブラック」
  • 酸性染料
  • ヘアマニキュアなどによく使われていてる
  • ブラックトーンを出すために配合されている
  • シャンプーやリンス、石鹸や入浴剤などにも使われている

 

白髪染め

「粘膜に使用されることがないもの」という基準があるので、口紅には使用できません。もちろん食品への使用も禁止されています。タール色素は皮膚から吸収される度合いが高いので、黒皮症などの皮膚トラブルやアレルギーの原因となることがあります。

 

発がん性の危険もあると言われているので、使い方や使う量に注意が必要な色素というのがわかります。

発がん性についての噂はほんとう?

黒色401号の発がん性を指摘する声はたくさんあります。多くのサイトで黒色401号に発がん性の疑いがあるとあるけれど、具体的なことは書かれていません。

 

黒色401号に発がん性はある?

国が現時点で化粧品への使用を許可しているので、発がん性があると100%は言えません。

 

日本で許可されているタール色素はアメリカや他の先進国と比べるとかなり多いので、、危険な毒性があるという怖さはやっぱり感じますね。敏感肌の人やアレルギー性皮膚炎などをもっている人は、控えたほうが良い成分といえます。

黒色401に代用できる天然色素ってある?

黒色401号の代用でシャンプーに使われる天然色素

  • シコン(紫根)・・・ダークトーンの褐色でコーヒーの様な色合いを出す
  • ログウッド・・・グレーブラック色を出し黒染のために使われる
  • ヘマテイン・・・豆科の植物由来色素で髪の毛の鉄分と反応して黒色素を作る

 

タール色素黒色401号は、現在化粧品に使用されているけれど、危険性もよく叫ばれている色素です。発がん性については明らかになっていないけれど、リスクはゼロではないので肌が弱い人は特に避けた方が無難な成分ですね。

 

白髪染めなどを考えている人は、天然色素を配合したタイプのヘアケア用品を使うほうが安心なので、利尻ヘアカラートリートメントやルプルプ白髪染めトリートメントやレフィーネヘッドスパにはこの成分は入っていないため安心して白髪染めができますね!

 

ルプルプを継続して使うメリット:女性の薄毛に効果!白髪の染まり具合♪