ヘアカラー 発がん性

市販のヘアカラーはとても安く、手軽に手に入ることからつい手が伸びてしまいますが、あまり安易に市販のものを使い続けることは問題です。

 

市販のものや美容室での染毛剤は色をよくする点ではとても優れているのに、その反面気を付けなければならない点があります。

 

とくに以下の成分が入ったものには注意が必要です。
製品の箱または容器の裏の表示に以下の成分が、出来ればないものあるいは少ないものを選びたいものです。

 

ヘアカラー 発がん性

刺激が強いので要注意な成分
  • パラベン(防腐剤)
  • ジアミン系化合物
  • アミノフェタール
  • タール系色素(石油由来の色素)

 

これらの成分は、毛染めの段階で発色をよくする作用はあるものの、皮膚や髪にはかなりダメージを与えます。

 

アミノフェタールやタール系のものは発がん性があるものもあるんです。もちろんこれは一度に大量に用いた場合の話なのですが、長期的に見て何年も連続して使い続けていくことによる影響は計り知れません。

 

ルプルプ 免疫力活性

このような添加物が全く入らないルプルプや利尻昆布ヘアカラーなどに代表される白髪染めヘアカラートリートメントはとても安全で安心というわけですね。

 

完全に、白髪染めをやめるのは難しいと思うので、せめて美容院のカラーは半年に1回くらいにとどめるなどして、そのあいだは白髪染めトリートメントを使うなどの工夫をすることで、かなり、頭皮や体への影響が変わります。

 

抜け毛がひどい人や、薄毛が心配な人はなおさらで、深刻な度合いにもよるけど、趣味で髪を染めるのはやめたほうがいいでしょう。

 

ルプルプは、初めての購入は割引が多くて、1本単位でも1980円なので、お試しするのにピッタリです。

 

タカラバイオ社は、フコイダン成分で、免疫力の研究もしていて、使用者からその後頭皮や健康に変化が出ているというデータを持っています。

 

白髪染めしながら、免疫力活性や血行促進ができれば一石二鳥ですね!

 

白髪染めトリートメント ルプルプ最安値