クチナシ果実エキスの髪への効果やメリット

クチナシ果実エキスは、アカネ科の植物クチナシまたは同属植物のの果実などから抽出して得られるエキスで、成分としてイリドイド配糖体、カロチノイド、フラボノイドなどを含んでいます。安全性の高いことが確認されているので、ヘアケア、ヘアカラー製品をはじめとして化粧品、漢方薬、食品添加物にも積極的に用いられています。

 

クチナシ果実エキスの働きとしては、

  • 保湿効果が高いこと
  • 消炎、鎮静作用があること

 

などの働きがあります。保湿効果が高いということは、傷んでパサついてしまって水分がなくなってしまった髪からこれ以上水分がぬけていかないような作用があるということですね。また、万一ヘアカラーで頭皮が荒れてしまった場合も、クチナシ果実エキスの消炎作用が効いてくるんですね。なによりも、自然由来成分ということで安心して使い続けられるのが大きな魅力といえます。

 

尿素の特徴や効果

尿素は昔からハンドクリームなどに用いられており、角質を柔らかくする成分として知られています。尿という名前に初めは驚きますが、最初に発見されたのが尿の中からだったということで、わたしたちの血液や体液に普通に存在する成分なのです。保湿効果が高いことで、ヘアケア製品や化粧品などに積極的に用いられています。

 

尿素の特徴としては

  • 皮膚の水分の蒸発、吸収、保持する作用をつかさどる
  • 傷が早く治る作用がある
  • 細胞を活き活きとした状態にする

 

というのが主な働きであり、やはり「荒れた肌をしっとりなめらかにする」作用が強いことがヘアケア製品に用いられる理由といえます。毛髪をしなやかな状態に保つことが尿素のもっとも大切な働きといえるでしょう。ただし尿素は効果がとても高いので、肌が弱い方が多量に使うのは避けたほうが無難です。