ルプルプと利尻昆布ヘアカラートリートメントを比較するとどちらを買うべき?

ルプルプか利尻か

髪に優しい天然素材の白髪染めヘアカラートリートメントは、ここ数年で多くの商品が開発されるようになりました。はじめは、どれを選んだらいいかわからない、と誰でも思うので、だいたいCMなど聞いたことある名前のものを、って感覚で選びがちですね。

 

今やネット通販では常に1,2位に入る「ルプルプヘアカラートリートメントと、トリートメントタイプの白髪染めの草分け的存在で、トータル売上数ではいちばん売れている「利尻ヘアカラートリートメント」を、次の観点で比べてみました。

 

ルプルプと利尻昆布を成分で比較!何が「無添加」?そして何の効果がよい?

無添加とひとくちに言っても、何を加えていないのか?は、それぞれのメーカーによって違います。「無添加」とは、それほど曖昧な表記なので、配合成分が気になる人は「何が」無添加なのかをチェックしましょう。

 

ルプルプ、利尻ヘアカラーがそれぞれ「添加していない」と表示している成分は次のとおりです。

 

  • ルプルプ:パラベン、香料、鉱物油、動物性原料
  • 利尻ヘアカラー:パラベン、香料、鉱物油、タール系色素、酸化剤、シリコン

 

パラベンは、防腐剤として配合されている場合が多いのですが、実は皮膚障害を起こすこともある危ない物質。また、ここで言う香料とは、天然由来ではない人工のものです。これらは、どちらにも無添加なので安心です。

 

では、次は「含まれているも」のに着目して、それぞれの特徴を紹介します。

 

ルプルプヘアカラートリートメントの配合成分の特徴

 

天然成分「フコダイン含有ガゴメエキス」、「海洋深層水」で頭皮と髪をいたわり、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などの天然色素で染め上げます。

 

保湿成分をたっぷり配合した白髪染めなので、染めるたびに髪はしっとりツヤツヤ。精油(ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油)の爽やかな香りも心地いいと評判です。

 

利尻ヘアカラートリートメントの配合成分の特徴

 

その商品名にもなっている天然利尻昆布エキスに含まれる「ミネラル」、「フコイダン」、「アルギン酸」が頭皮と髪にうるおいをあたえ、ツヤツヤの質感に仕上げます。

 

色素も、「ウコン」や「クチナシ」、「シコン」、「アナトー」などの天然植物由来のものが中心。マニキュア剤なので、髪をやさしくコーティングしてくれます。

 

そして、この商品はまったくの無臭であることも大きな特徴です。ハーブやフルーツなどのリラックス効果がある香りも、ごく稀に苦手な人がいますし、男性にとっては、女性っぽい香りがただよって敬遠しがち、男性の白髪染めトリートメントや夫婦で一緒に使う白髪染めとしても好評。

 

男女を問わず、幅広い層の利用者が多いというのも納得です。

 

ルプルプと利尻昆布染まり方で比較!染まる力は、弱アルカリ性のルプルプに軍配

では、肝心の染まり具合はどうでしょうか?

 

優しさと染まりやすさのバランスが見事!ルプルプ

 

Ph(ペーハ)という言葉を聞いたことがありますか?これは簡単にいうと酸性からアルカリ性までの間にある0〜14までの目盛りです。

 

Ph7を中性として、それ未満を酸性、8以上をアルカリ性とします。この数値が高いほど色が入りやすいのですが、髪も傷みやすいです。

 

市販のヘアカラーのphは11〜13で、無添加白髪染めヘアカラーの多くがph7です。しかし、ルプルプはph8の弱アルカリ性。色の入りやすさと髪へのやさしさのバランスがとれた設計と言えます。

 

 

ナノ分子化で内部に入りやすくなった利尻ヘアカラー

 

白髪用のヘアマニキュアブランドの中で、2011年〜2014年まで4年連続で日本一のシェアを誇る「利尻ヘアカラートリートメント」は、発売当初は髪の表面をコーティングするだけでしたが、今ではナノ分子カラーで髪の内部にも色がしっかり入るようになりました。7Phでも、比較的短時間で白髪に色が残ります。

 

染まり具合だけで選ぶとしたら、利尻ヘアカラーはルプルプよりはほんの少し弱い、という感じですが、頭皮や髪へのいたわりを極力考えるなら利尻昆布ヘアカラーでしょう。

ルプルプと利尻昆布の大きな違いは「返金保証」だけ。こだわる?こだわらない?

白髪染めは、ずっと使い続けていかなければなりません。自分に合うヘアカラートリートメントを見つけても、続けられる料金じゃなければ意味がありませんね。

 

ルプルプと利尻ヘアカラー、なんと価格も用量も同じです。

 

しかも、初回はお試し価格が適応されるので、ルプルプ3,240円→1,980円、利尻ヘアカラー3,240円→2,160円で利用できます。

 

ただひとつ違うのは、ルプルプは初回購入から送料無料です。ここだけ変わりますね!

 

染料などの成分については、どちらも植物由来です。しかし、パラベンや香料不使用といっても、その植物にアレルギーがあるかもしれないし、染まり方や臭いへの抵抗も人それぞれなので、とにかく試してみなければわからない!という人にとっては、初回購入から送料無料はありがたいですね!

 

また、ルプルプの場合は初回に限り使用後でも対応してもらえる「返品保証」は、ありがたい制度ですね。

 

しかし、合わなかったとしても2,160円である利尻ヘアカラーも試してみる価値はじゅうぶんにありますね!因みに定期購入の申込みをはじめからすれば利尻ヘアカラートリートメントも送料無料で試せます。

 

未開封の商品のみ、商品到着から10日以内に限り返品保証があるので、万が一合わない場合は、2本目のほうは返品対象になりますね!

 

肌に合えば、どちらも1回あたりの費用はわずか200円。家事をするときに、生え際の目立つ白髪に少し塗り付けておけば、1時間くらい放置して入浴時にふつうのシャンプーで洗うというやりかたをすれば、白髪染めする時間も負担にならないし、とっても楽に白髪染めトリートメント利用ができますね!

 

週に一度または10日に1回、くらいの使用でも白髪は綺麗に隠せますから、コストパフォーマンスはかなり優れているといえます。

 

利尻昆布ヘアカラーのダークブラウンで染めた効果!