利尻昆布ヘアカラートリートメントの特徴は、自然成分でつくられている白髪染めトリートメントというのはわかるけど、、では具体的にどのような成分から構成されているのでしょう。実際に他の白髪染めトリートメントとどこが違うのでしょうか?

 

利尻昆布エキス 成分の効果

利尻昆布ヘアカラーの主な成分

  • 利尻昆布エキス
  • シコン
  • ウコン
  • クチナシ

 

以上の、天然の色素をふんだんにつかっています。色素が天然成分であることはもちろんのこと、髪を保湿するフコイダンなどの成分も天然成分に由来しており、とにかく「天然・自然」にとことんまでこだわったヘアカラートリートメントなのです。

 

利尻昆布ヘアカラー HP

利尻昆布へカラーの成分を検証

利尻昆布エキスの効果は?

 

利尻昆布エキスには、ミネラルやフコイダン、アルギニン酸が含まれています。ミネラルには、髪に潤いを与えてくれ、フコイダンで髪に保水保湿効果もあり、アルギニン酸にも同じような保湿性高める機能があります。

 

髪の毛はこのほかに良質なたんぱく質が必要なので、魚や大豆、納豆などを中心にしたタンパク質を常にとるのも大事です。また、ストレスや睡眠不足などは髪や頭皮には、かなりの悪影響をきたすので、普段からストレスをためこまず、規則正しい生活をするように心がけることで、美しい健康的な髪が保ちます。

 

シコン、ウコン、クチナシの効果は?
  • シコン(紫根)・日本三大色素の一つで、紫色の染料として有名。紫根には、解毒作用・殺菌作用・抗炎症作用あり。
  • ウコン・・・ウコンに含まれるクルクミンと精油成分は、胆汁分泌促進、胆汁・胃液の分泌促進、コレステロールを溶かし、高脂血症に有効、抗がん作用、腫瘍予防効果、腱胃・殺菌効果があります。
  • クチナシ・・アカネ科の白い花。カロチノイドの一種・クロシンが含まれています。乾燥させた果実は古くから黄色の着色料として用いられた。発酵させると青色の着色料にもなる。

 

妊娠中は使ってもいい?

利尻昆布ヘアカラーの成分は、安全性も高くてよいのですが妊娠中はどうなのでしょうか。

 

妊娠中は、身体がデリケートな状態になっているだけに、美容院の毛染めもなるべくしないようにと言われるし、いろいろな制約があり心配ですよね。自然成分とはいえ、もともとアレルギー気味だった人であればなおさらです

 

でも、利尻昆布ヘアカラートリートメントは、ヘアマニキュアという位置づけなので、危険な薬品は一切使用していないので、市販の白髪染めとも違い、刺激がほとんどないので、は妊娠中の使用にも問題ありません。

 

ただ、もともとアレルギー体質の人の場合、事前にかかりつけのお医者さんか、皮膚科医に相談されてから使用するとよいでしょう。パッチテストをしてから使用するというのでもいいですよ。

 

利尻ヘアカラートリートメント/初回限定1000円OFF