利尻昆布ヘアカラートリートメントは薄毛にも頭皮ダメージにも安心・安全!

薄毛の白髪染め

美容室での白髪染めに比べると、お金も時間も節約できて髪や頭皮に優しいから、ヘアカラートリートメントを使いはじめる人が増えていますが、薄毛が気になりだして、白髪染めトリートメントを使う人は案外多いです。

 

沢山のブランドから、トリートメントタイプの白髪染めの草分け的な存在といえば、「利尻ヘアカラートリートメント」。

 

利尻昆布 薄毛

「最も安全して使える白髪染めトリートメント」という評判ですが、薄毛が心配な人にとっても大丈夫なのでしょうか

 

白髪染めトリートメントとしてどこが安全なのか、薄毛にも大丈夫なのか、詳しく見ていきましょう。

 

クリックすると特集の位置まで飛びます。

 

危ない成分ゼロの無添加!だから4年連続シェアNo.1

利尻昆布へカラーは、白髪用ヘアマニキュアブランドシェアが、2011年〜2014年連続1位という実績です。

 

選ばれ続けている理由は「無添加」処方への安心感で、刺激成分が入っていないから薄毛が気になるダメージのある頭皮にも、心配なく使えますし、ちゃんと染まっています↓

 

利尻昆布 薄毛

 

無添加、をうたう商品は山ほどありますが、「何が」無添加なのか?は重要!

 

パラベン、シリコン、ジアミン系色素、合成香料、鉱物油、タール系色素、酸化剤

 

アレルギーを引き起こしたり発ガン性がある、と心配される成分を、すべて除外したのが利尻ヘアカラートリートメント

 

ここまで徹底した「無添加」は利尻昆布ヘアカラートリートメントだけではないでしょうか。本当に安心安全、と言われる理由はここにあります。

安全なのにちゃんと染まるようになった利尻昆布の白髪染め!

ジアミン系色素もタール色素も使っていないとすれば、色の素となるものは何でしょうか?

 

シコン、クチナシ、ウコン、アナトーという4種の植物です。
しかし、これらの天然染料だけできれいに色を出すことはできません。

 

傷んだ髪のマイナスイオンに、プラスのイオンが結合して発色を良くする4つの「イオンカラー」と、分子を究極にまで細かくすることでキューティクルのすき間に浸透させる「ナノ分子カラー」を配合することで、色素を定着しやすくしています。

 

2-3年前の利尻昆布へカラーはちょっと染まりにくいなあ、と感じたのですが、2015年から、しっかり染まる、と実感できるようになったので、かなりオススメです。

 

刺激の強い成分がなく、生え際まで安心して使える利尻昆布ヘアカラーは、アレルギー肌の人はもちろん、薄毛が心配な人は、是非切りかえていくといいでしょう。

 

男性が使う白髪染めトリートメントとしても人気!頭皮によい白髪染め

天然利尻昆布から抽出される利尻昆布エキスには、髪と頭皮にうれしい成分がいっぱい。天然ミネラルがうるおいを与え、昆布のヌルヌル成分「フコイダン」がしっかり保水、アルギン酸が保湿してくれるので、パサつきがちなダメージヘアや傷んだ頭皮を守ってくれます。

 

その他、アルニカ、センブリ、ローマカミツレ、ローズマリーなどの天然由来のうるおい成分がなんと28種類!

 

さらに頭皮の代謝を活発にする効果もあるので、抜け毛が多くなっていた頭皮も改善する効果も期待できます。

 

利尻ヘアカラートリートメントは使う度に、髪にはうるおいとツヤを与え、頭皮には血行促進や育毛効果があり、白髪染めしながら頭皮ケアができるわけです。

 

完全な無香料なので、他社のカラートリートメントと違って男性の愛用者も多い、というのも利尻ヘアカラートリートメントの特徴です。

 

利尻昆布ヘアカラー 薄毛

 

利尻昆布ヘアカラーは他の白髪染めトリートメントと比較して、色が定着しにくい面ありますので、髪がこげ茶色ぎみの人でもブラウンより、ブラックがオススメです!