美容院の白髪染めと市販のヘアカラーを比較!

市販のものや美容院で使われるアルカリ性の白髪染めは、いったん髪を脱色して色を入れていくという方法。

 

白髪染めヘアカラートリートメント

これがやはりどうしても髪に負担をかけてしまうんですね。

 

一剤に含まれるアルカリの成分が脱色を促し、二剤に含まれる酸性の成分で色を入れていく、という点で市販の白髪染めも美容院の白髪染めもほとんど同じなんです。

 

同じとはいえ、美容院の白髪染めなどにはトリートメント成分が多く含まれており、また染めた後の美容院でのシャンプーも、色落ちを防ぐ成分が豊富に含まれているので、やはり美容院でのヘアカラーや白髪染めに、市販の白髪染めはどうしてもかなわないんですね。

 

結論としては、市販のビ◎ヘアカラーなどと美容院の毛染めを比べると、やはり高額である美容院で行うほうがどちらかといって安全です。
理由は、美容師の腕次第で髪質に合わせてくれるので、極力傷まなくて、染まりやすいものを選んでいるっていうとこですね。

 

美容院のほうが市販のヘアカラーよりいい理由

  • 白髪染めの成分はどちらも同じだが、美容室だとアフターケアが万全
  • 何かトラブルがあったとき、美容室であれば対処してもらえる
  • 美容室だと髪に栄養を与えながら染めてくれるので痛みが少ない。

 

美容室ばかりだとお金がかかってしまうのも事実なので、両方を併用させるなどしてうまく染めていきたいところだけど、なるべく頭皮ダメージを考えれば、普段は白髪染めトリートメント(またはラサーナヘアカラーのように脱色しないヘアカラー)を使用。

 

1年に1-2回程度、美容室で白髪染めを使う、というのが理想だと思います。