頭皮が痛い

美容院でカラーリングすると、頭皮がチクチクと痛んでしまう人って、意外と多いんです。

 

しかも、今までそんなことが一回もなかったのに、ある日突然この症状を感じるようになる人がすごく多い・・・これってなぜでしょうか?

 

もしかして、気になりながらも、痛む理由が分からないままカラーリングを続けていませんか?

 

実は、頭皮に痛みを感じるのは、それだけ負担がかかっているということ。

 

そのまま痛みを我慢してカラーリングを続けていると、頭皮がボロボロになるだけではなく、体全体にも影響が出てきてしまうかもしれません!

 

美容院でカラーリング中に痛みを感じる原因や、ヒリヒリしないカラーリングの方法を紹介するので、思い当たる人は是非とも参考にしてください。

美容院の白髪染め:カラーリング中に頭皮がチクチク痛むのはどうして?

頭皮が痛い

美容院で白髪染めすると、髪全体が美しく染まって効果も長持ちしますよね。どうしてかと言うと、非常に強い薬剤を使用しているからです。

 

カラーリングに使用されている薬剤には、酸化染料のジアミン系染料や、脱色剤の過酸化水素、人工界面活性剤などの成分が含まれていて、そのどれもが非常に刺激が強いもの。

 

特にジアミン系染料は、人によってはひどいアレルギーを起こす場合もあり、農薬の100倍の毒性を持つと言われる物質です。それを頭皮に直接塗っているのですから、痛みを感じても不思議はありませんよね。

 

ですが、人によってはカラーリングしても全く痛みを感じないという人もいます。

 

危険な白髪染め

カラーリングで痛みを感じる人は、肌が弱かったり、アレルギー体質だったりする場合がほとんどなのです。また、ホルモンバランスや生理周期など、その日の体調によって痛みを感じやすい日の場合もあります。

 

カラーリング中に痛みが段々と落ち着いてくるようであれば、体調が悪い、もしくは肌が弱いことが原因です。

 

一方、痛みが段々と強くなってくるようであればアレルギー体質の可能性が考えられます。

 

アレルギー体質の人がカラーリングを続けると、ある日突然ひどいアレルギーを起こして、最悪の場合アナフィラキシーショックで命を落としてしまう可能性もあるので、たかがカラーリングと軽く考えることはできませんよね。

 

もともと花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を持っている人は、特に気をつけなくてはなりません。

 

カラーリングによる痛みを抑える方法として、カラーリング前にシャンプーをしないという対処法もありますが、根本的な解決にはなりませんよね。

 

痛みを感じないようにするには、強い薬剤を使わない白髪染めをすることが大切です。

ヘナの白髪染めは安心?!

ヘナ 白髪染め

ジアミン系染料や過酸化水素を使わないカラーリングとして有名なのが「ヘナ」です。

 

ヘナはミソハギ科の植物を原料にしているため、肌が弱い人やアレルギー体質の人でも安心して使うことができます。

 

ただ、染めるのに2〜3時間と長い時間がかかる、もともと黒い髪の毛を明るく染めることはできない、臭いが強いといったデメリットはあります。

 

また、白髪が少ない人がヘナでカラーリングをすると、白髪だけが明るい赤〜茶色に染まってしまいます。

 

他の髪の毛が黒い場合は、逆に白髪が浮いてしまうことがあるので注意が必要です。

白髪染めトリートメントが安心できる白髪染め、しかも手軽!

利尻昆布ヘアカラー 白髪染め

ジアミン系染料や過酸化水素など、頭皮に負担をかける薬剤を使わない白髪染めなら、白髪染めトリートメントを使ってみるのがいいでしょう。

 

白髪染めトリートメントは美容院でのカラーリングのようにずっと染め持ちするわけでないですが、1週間から10日ほどおきに使えば、ずっと色を保つことができます。しかも天然染料だけ使っているため、安心して使い続けられます。

 

白髪染めトリートメントの中には、植物由来の成分を多く含んだものや、アレルギーを起こしづらい無香料・無鉱物油・ノンアルコールのものもあるので、アレルギー体質の人でも安心して使うことができます。

 

利尻昆布ヘアカラーは無添加無香料・ノンアルコール!

 

カラーリング中に頭皮が痛む原因は、強い薬剤を使っているのが原因です。

 

痛みを我慢しながら白髪染めを続けていると、頭皮の負担が大きくなり、薄毛や抜け毛の原因になる可能性もあります。

 

普段からカラーリングで痛みを感じるという人は、強い薬剤を使っていない、頭皮に優しいヘアカラートリートメントに切り替えるようにしましょうね。

 

利尻昆布ヘアカラー 白髪染め