海塩の成分と水溶性コラーゲンが髪にどんな効果?!

コラーゲン

健康な髪をつくるためにヘアケア用品の選び方はとても大切ですね。

 

海塩」と「水溶性コラーゲン」が使われるヘアケア用品が多くあります。コラーゲンは、お肌にもいいから基礎化粧品でもよく効きますよね。

 

2つの成分はそれぞれどんな特徴があって、髪や頭皮にどんな効果があるのでしょうか?

 

リスト内の文字をクリックするとジャンプしてその記事に飛びます。

 

海塩の成分の特徴

塩の種類

  • 自然塩(自然の海塩)
  • 精製塩

 

精製塩はよく料理に使う、ほぼ塩化ナトリウムの塩です。自然塩化学的に手を加えていない塩で、ミネラル分がたくさんあります。

 

代表的なミネラル分

  • マグネシウム・・・抗ストレスホルモンの分泌、ストレス対策に有効
  • カルシウム・・・・白髪予防、フケ防止
  • 銅・・・・・・・・白髪予防
  • 亜鉛・・・・・・・髪が太く強くなる、抜け毛予防
  • 鉄・・・・・・・・薄毛予防

 

これらの成分は抜け毛予防に必要なミネラルです。元気な髪をつくるミネラル分は歳をとると吸収しにくくなります。なのでこうしたミネラル分を豊富に含む海塩が注目されています。

水溶性コラーゲンの特徴

コラーゲンは人や動物の体内にあるタンパク質です。人の体は2割がタンパク質で構成されていて、そのうちの3分の1がコラーゲンなので、とっても必要なんですね。コラーゲンは皮膚の主な成分で、保湿効果にも大きな働きがあります。

 

コラーゲンが不足するとどうなる?

髪の毛のつやが消えたり、弱くなったりします。

水溶性コラーゲンは浸透力が高く粘性も高いので、肌に潤いを保たせたり、ツヤを出すのに効果があります。

髪や頭皮への効果は?

海塩の効果

  • 臭い防止
  • ストレス対策
  • 血行促進

 

塩シャンプー

最近「塩シャンプー」が有名人の間で流行っています。塩にはいろいろなプラス効果があり、その一つに臭い対策があります。頭皮の垢やフケはタンパク質で、固くなって頭皮にたまると不快な臭いが出ます。

 

塩のナトリウムイオンがタンパク質の汚れを溶かしてくれるので、臭い防止になります。海塩に含まれるミネラル分はストレス対策になり、血行を促進します。血行が良くなると、血中の酸素や栄養分が頭皮にまで十分行き渡るので、健康な頭皮環境や毛髪環境に良いんですね。

 

水溶性コラーゲンの効果

  • 頭皮や髪への浸透性が良い
  • 保湿効果

 

水溶性コラーゲンは頭皮や髪への浸透性が良いので、保湿効果があります。頭皮の乾燥はかゆみやフケ、抜け毛の原因になるので、保湿は大切です。

 

海塩や水溶性コラーゲンは、健康的な頭皮や髪作りをフォローしてくれる成分です。年齢と共に不足するミネラルなどをしっかりと補うことは、全体的な健康を維持するのに大事ですね。ヘアケア製品には有効な成分が入っているものもあるので、商品を買うときは成分表をチェックしてみるといいですよ。

 

塩基性染料が入った白髪染めの安全性は?