ステアリルアルコールってどんなアルコール?

バスグッズ

ステアリルアルコール」という成分を知っていますか?ステアリルアルコールはその名の通りアルコールですが、シャンプーやコンディショナーなどに入っている成分です。

 

毎日使うヘアケア用品の成分を知ることは、健康な髪づくりに大切です。

 

 

原料はなに?

ステアリルアルコールは「オクタデシルアルコール」とか「親水ワセリン」とも呼ばれる脂肪アルコールです

 

ステアリルアルコールの原料

  • 原料は鯨ロウやマッコウクジラ油
  • 「オレイルアルコール」に水素を添加して生成する

 

鯨ロウはマッコウクジラの頭の油から鯨油分離した後の残留物で、透明の液状です。ステアリルアルコールは固体で、感触としては白いロウに似ていて光沢があります。主な成分はパルミチン酸セチルです。

危険と言われる「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」との違いは?

ラウリル硫酸ナトリウムの特徴と作用

  • 石油系の合成界面活性剤
  • カテゴリーは「陰イオン系」の界面活性剤

 

界面活性剤の作用の一つは乳化作用で、元々は混ざらない水と油を混ぜる作用のことです。乳化作用と他の作用が一緒に作用して油汚れを落としたり、乳液の水分と油分をミックスしたりできます。

 

界面活性剤にはいろいろ種類があり、ラウリル硫酸ナトリウムは陰イオン系です。

 

陰イオン系の特徴

  • 洗浄目的・・・シャンプーや洗顔剤など

 

メリット

  • 洗浄力が強い
  • 洗い心地がいい
  • 爽快感がある

 

デメリット

  • 皮膚の油を除去しすぎて乾燥させてしまう
  • 刺激性がある
  • 浸透性が高いので肌トラブルがある

 

使う人の肌質によって肌への影響が変わってくるので、良くないと一言では言えない成分ですね。ステアリルアルコールは、乳液、クリーム、シャンプー、コンディショナー、軟膏、口紅などいろいろな商品に使われ、さらに医療品にも使われる用途の広い成分です。

 

界面活性剤としての役割があるので、カテゴリーは「非イオン系」です。わりと刺激が少ないと言われるので、長い時間肌に残る乳液やクリームなどにステアリルアルコールなどが使われています。

効果と注意点は?

ステアリルアルコールの使用目的

  • 乳化剤
  • 保水剤
  • 油剤

 

乳化剤
水と油を混ぜる乳化剤(界面活性剤の作用の一つ)として、クリームなどに入っています。

 

保水剤
皮膚を保護したり潤いをもたせるために、化粧品に保湿目的で使われます。

 

油剤
エモリエント効果(皮膚を柔軟にしたり栄養をキープさせたりする効果)があり、光沢を素材に与えたり感触を良くしたりする作用で、乳液にも使用されます。

 

ステアリルアルコールのデメリット

  • 皮膚への刺激が多少ある
  • かぶれ
  • アレルギー性の疾患を引き起こすことがある

 

ステアリルアルコールは界面活性剤の一種で、乳化剤、保水剤、油剤などいろいろな使われ方をしています。口紅やクリーム、乳液、シャンプーなどにも使われていて、毎日知らず知らずに肌に付いています。

 

毒性は低く肌への刺激は弱いですが、敏感肌の人やアレルギー体質の人は、肌トラブルにつながることもあるので、パッチテストなどをしてから使う方が安全ですね。

 

ルプルプと利尻ヘアカラートリートメントを比較!